沖縄は日本各地からダイバーが集まる観光地ですが、沖縄の中でも大人気の島があります。それは宮古島です。宮古島は沖縄本島から西に行った先にあり、石垣島の東に位置する人口5万人くらいの島です。

宮古島には橋でつながった池間島があり、この島にあるダイビングスポットは多くのダイバーを引き寄せています。またこの池間島から船で20分ほどいったところに八重干瀬があり、この地に張り巡らされている巨大なサンゴ礁には夥しい数の魚が集まっています。

沖縄ダイビングをするなら八重干瀬は外せない場所といって良いでしょう。1年に数回、この巨大なサンゴ礁が海から顔を出す日があり、その光景は圧巻です。宮古島のすぐ西には来間島があり、大量のクマノミが群れているスポットもあり、シュノーケリングだけで十分壮大な海をエンジョイすることができるでしょう。バナナの木がたくさん生えており、人口も少ないのでゆったりとした時間を過ごすことができます。

またダイビング以外にも宮古島にはトライアスロンが毎年開催されているので他のスポーツを楽しむことができますし、熱帯植物園もあるので家族連れで来ても退屈することはありません。雪塩製塩所に行けば、雪塩の作り方を1から見学することができますし、沖縄土産として雪塩で作った商品を持ち帰れば喜ばれます。

石垣島や与那国島だけでなく、宮古島もダイビングの練習をするにはうってつけの場所です。初心者の方も体験ダイビングするなら、宮古島へ行ってみると良いでしょう。