沖縄本島の本部町からフェリーで片道15分で到着する、本島からすぐの離島と呼べるのが水納島です。水納島は島の周囲は、約4kmというとても小さな島ですが、最近ではリゾート地としても人気を博しています。沖縄本島でダイビングをする場所は、場所によってはサンゴの量が少なかったりすることもあるのですが、水納島はそんな心配は全くありません。本島から少しだけ離れているだけなのに、水納島は沖縄本島とは全く異なった美しい海が広がっています。そのまま飛び込んでしまいたくなるような白い砂浜が一面に広がっていて、その海の透明度も抜群です。

水納島へ向けてのダイビングのツアーやシュノーケリングのツアーもたくさんあるので、沖縄本島のマリンショップに申し込んで参加することが出来ます。

クロワッサンのような独特の島の形が人気ですが、沖縄本島よりはシーズン中も人が少ないので、混雑が苦手という人にもおすすめの穴場スポットとも言えます。

ダイビングをして島の周囲に潜ってみるとその海の透明度とサンゴの多さ、そしてたくさんの熱帯魚がいる事にとても驚くこと間違いなしといえます。沖縄本島でのダイビングに飽きてしまったと言う人でも、水納島であれば、身近な離島といった雰囲気で、絶景広がる海の中で、また異なった楽しみ方をすることが出来ます。